ホーム お知らせ 2年間のデータ蓄積により観測領域を拡張、4.8テラ電子ボルトまでの高精度電子識別に成功

2年間のデータ蓄積により観測領域を拡張、4.8テラ電子ボルトまでの高精度電子識別に成功

記事公開日:2018.06.27

CALETは2年間の観測データを基に、解析の更新により統計精度と観測領域を拡張し、
Physical Review Letters 誌に新しい電子観測結果を発表しました。これに対応して、
早稲田大学、JAXAから、以下の通りプレスリリースが行われました。

JAXAリリース

早稲田大学リリース