ホーム 研究論文 LIGO検出の重力波と同じタイミングでのX線・ガンマ線の観測結果について論文を発表しました

LIGO検出の重力波と同じタイミングでのX線・ガンマ線の観測結果について論文を発表しました

記事公開日:2016.10.14

LIGOが検出した重力波(GW151226)との同時期のCALET観測データの解析の結果,有意なX線及びγ線の増加は見られず,LIGO検出の重力波が考察されていたブラックホール合体由来であることを裏付けました.

掲載雑誌:Astrophysical Journal Letters
CALET UPPER LIMITS ON X-RAY AND GAMMA-RAY COUNTERPARTS OF GW151226

早稲田大学発表[リンク]
JAXA発表[リンク]

掲載雑誌:2016, ApJ, 829L, 20A

D.O.I.:doi:10.3847/2041-8205/829/1/L20